White Rainbow(ホワイトレインボー)

目で決めて見ているから、そこに進める。

LINEで送る
Pocket

 

先日ウォーキングしていたら、おもしろい身体の感覚になって歩いていて、家についたらいつになく息がハーハーしてしまった話です。

 

最近何日かに1回は・・と思い、家の近くにある川沿いの道を早歩きで30分弱くらい歩くようにしています。

走るには膝に負荷がかかりそうなので(本当は面倒だから)歩くのですが

「みぞおちから足が生えているように」歩きます。実際そんな風に筋肉がつながっているそうなのですよ。

 

みぞおちから足が生えているように、足を動かすと『グン!』と大きく前に出ます。

ももの裏で足を動かす感じです。

 

そうすると、上半身は力が抜けている感じになって、足裏で大地を踏みしめるような感覚になりやすいです。

腕も肩甲骨の間あたりから動かすような感じです。

 

こんな風に歩くと「大股で早歩きモード」になって、結構運動している感じになるものです。

 

ギアがかみ合ったように足が動いていく・・!

 

先日もそんな風に歩き始めました。

折り返し地点から家に戻っていくとき、(あれ?!)と気が付いたのです。

(あれ?なんか歩いている、っていう感じがしない?!)

歩いている時は、足にかかる反動を感じたり、「身体が動いている」という感覚がしますよね?

 

この時の私はそういう感覚がなかったのです。

 

本当は足を動かして進んでいるのに、ふわあっと浮いていて自動的に進んでいる感じになっていました。

みぞおちからの足と、腕の動きがギアがかみ合ったようにつながって最適化されたような感じでした。

「こうですね、と勝手に動いて進んでいる」状態です。

 

(うわあ!なんだこれ?!めっちゃ楽なんだけど?!)と、思っていました。

「身体を動かしている」感覚が「ゼロ」なので、疲れも「ゼロ」な感覚なのです。

 

同時に(これ、ちゃんと見てないとヤバいよね?)とも思っていました。

 

自動で動けても、目的地がなければ着かない・・

 

『どこに向かうのか』それをみていないと、自動で動けてもどうしようもないなあ)

そんな風に頭では考えていました。

この自動モードになっている時、頭はとても軽く自由な感覚でした。

 

どこに向かうか、好きに決めていい。

決めれば、そこを見るから、そこに進んでいく。

ちゃんと見ていないと、進みようがない。

 

すご~く大きな視点からの人生は、大きな流れの中で守られているけど、

その守られた流れの中で、「どこへ向かう」は好きに決めていいし、決めないとただ流れていく。

そんなことが頭の中をよぎっていました。

 

自動で動いているけど、目で見ていないと家まで行きようがない、そんな感じですね。

 

やっぱり身体を動かしていたので、ちゃんと疲れていました。

 

あまりにもふわっとしながらも、グングン動いているのがおもしろくて調子に乗ってしまい、いつもより長く歩いて家につきました。

家に着いて、足を止めた途端に息が荒くなってきました。

自動で動いている間は、リズミカルな呼吸で淡々としていたのですが・・・

(うわあ~、やっぱりいつもよりちゃんと動いていたんだ!)と、当たり前のことなのに驚いていました。

 

「みぞおちから足が生えているように歩く」と、実は姿勢もよくなりやすく、気持ちも上向きになりやすいです。

走るのが面倒なあなたにも、気持ちが落ち込みがちなあなたにも、おすすめのウォーキングです。

よかったら無理のない程度でお試しください♪

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP