White Rainbow(ホワイトレインボー)

「自由で、嬉々とした自らの運動に使用できる」ものを、みんな持っている

LINEで送る
Pocket

 

クイーンズスクエア横浜で見た、この文章にくぎ付けになりました。

 
樹木は生育することのない
無数の芽を生み、
根を張り、枝や葉を拡げて
個体と種の保存にはあまりあるほどの
養分を吸収する。
 
樹木は、この溢れんばかりの過剰を
使うことも、享受することもなく自然に還すが、
 
動物はこの溢れる養分を、自由で
嬉々とした自らの運動に使用する。
 
このように自然は、その初源から生命の
無限の展開にむけての序曲を奏でている。
 
物質としての束縛を少しずつ断ち切り
やがて自らの姿を自由に変えていくのである。

フリードリヒ・フォン・シラー

 

クイーンズスクエア横浜  ジョセフ・コスース<Joseph Kosuth>「The Boundaries of the Limitless」

(行間は私の好みで空けています)

 

「自由で、嬉々とした自らの運動に使用する」っていいなあ、と思ったのです。

 

植物は吸収した養分を「自分の命と種の保存」のために使う分以外は、自然に還している。

生きる最低限に必要なものだけ。それ以上は使わない。

一度根を張ったら、そこから自分で動くことはない。

 

でも、動物は「動く物」

命と種の保存以外に使う分以外も

『自由で、嬉々とした自らの運動に使用する。』

 

人間も動物。動く物。

自由で、嬉々として

笑い、楽しみ、喜び、うれしがって

自分を動かす、生きていけばいいんだな。

なんだかそんな感じがして、いいなあ~と感じたのです。

 

こうして動いていくから、生命は無限の変化をしていくのかもしれませんね。

 

その初源から

心の奥・潜在意識の奥でつながっている、宇宙・すべての源。

 

生命の無限の展開にむけての序曲を奏でている。

そこから生まれた生命は、形を変え動きながら、次の展開へとつながっていく。

 

物質としての束縛を少しずつ断ち切り

物としての重さや縛りからの学びも少しずつ変化して

 

やがて自らの姿を自由に変えていくのである。

やがて一つ一つの生命も、それぞれ自由に進んでいく

 

こんな風に今の私には感じられた、ハートに響く文章でした。

『生命の動く喜び』そんな感じがしました。

 

これを書かれた人は年末によく聞く、あの第9番「合唱付き」の歌詞を書いた人でした。

 

こんなにすごい文章を書かれた、

「フリードリヒ・フォン・シラー」って、誰なのだろう?

そう思い、検索したら・・・

 

劇作家として有名だが、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の原詞で最もよく知られるように、詩人としても有名である。

Wikipedia より抜粋)

 

「歓喜の歌」と言ったりもしますよね。

先にご紹介した文章と合わせると「生命の歓喜」という、そんな感じがしました。

 

あなたが持っている生命、その動きはどんな喜びを奏でているでしょうか?

深呼吸して、耳を澄ませて、静かに聴いてみると感じられるかもしれませんよ。

 

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP