White Rainbow(ホワイトレインボー)

36年越しの「ごめんね」に「えっ・・何を??」になって、笑っちゃいました

LINEで送る
Pocket

 

何年か前に高校の同窓会がありました。その時の話です。

覚えている人、なかなか思い出せない人・・・

私は結構忘れてしまう方で(ごめんなさい!)、声をかけてもらう度にドキドキしていました。

会場には幹事さん達の尽力で、結構な人数が集まっていました。

 

そこで小学校と高校が同じだった子と、36年ぶりに会いました。

その子のことはよく覚えていて、相手も覚えていてくれたので話が弾みました。

 

(楽しいなあ)と思いながら話していた時、急に真顔になって言われたのです。

「ずっと謝らなきゃ、と思っていた。」

 

私は何のことだかさっぱりわからなくて、

「何を??」と聞きました。

 

「教室で針とシャープペンシルを使ってダーツごっこをしていたときに、

投げたら君の足首に刺さっちゃったんだよ。覚えていないの?」

そう言われました。

 

真面目な顔で話してくれていますが、私は全然心当たりがないのです。

 

「思い出せないな~。私、その時になんか言っていた?」と聞くと、

「うっすら血が出ていたみたいなんだけど、『大丈夫。』って言って、

そのまま歩いていっちゃった。」

そう言われました。

 

これだけ聞いても、それでも思い出せなかったので

「じゃあ、大丈夫だったんだよ。

話を聞いても思い出せないくらいなんだから、たいしたことではなかったんだよ。」

そう答えました。

 

「でも『ちゃんと謝っていない』って気になっていたんだ。ごめんね!」

「同窓会の出席者に名前を見つけた時に『今度こそは』と思っていたよ。」

 

そこまで決意してくれたとは!

ここで笑いあってしまいました。

 

同じ出来事でも「ごめん」と「何が?」になったのは・・視点が違うから

 

やられた側はそれほどショックを受けていなくて、

「あ~痛かった。」くらいで、忘れてしまっていること。

 

やった側は「しまった!!!ひどいことをした!あっ、謝ってない!」という、ショックと罪悪感で

記憶に強く残ってしまったのでしょう。

 

同じ出来事でも視点が違うと、残る印象が全く違うものになります。

そして出来事に感情が強く伴うものほど、強く・濃く記憶されます。

 

ポジティブな感情とともに記憶されたなら、自信や生きやすい原動力になります。

ネガティブな感情とともに記憶されたことは、生きにくい原因・トラウマになりやすいです。

 

そんなネガティブな感情のエネルギーが心の奥の記憶の中で、固まってしまいがちなのです。

 

ネガティブな記憶のエネルギーは「解放・手放し」できれば、楽になります

 

今回は

「謝りたいと思った、その場面について」話して、

『こうしたいと思っていた』こと・「謝る」ことで、

固まっていた思いが開放されて、手放せた。

 

という感じですね。

 

ヒプノセラピーでも同じようなことをしています。

今のあなたを生きづらくしている原因を、記憶の中から浮かび上がらせて

そこに固まっている思いや感情のエネルギーを開放して、手放していきます。

 

もしあなたが心の中で引きずっている思いがあるなら・・ヒプノセラピーで開放していけるかもしれませんよ。

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP