White Rainbow(ホワイトレインボー)

催眠に入っているのに、わからない?!

LINEで送る
Pocket

きちんと自分で判断できる状態、でも、催眠に入っているとは思えない状態。

 

これがヒプノセラピー・催眠療法の大きな特徴です。

実際に受けて、催眠から覚めた後に

「ちゃんと全部わかって、聞かれたことにも答えていたし、なんだかピンとこない・・」と言われる方もいます。

 

どうして催眠に入っていた、ってわからないのに

入っているのですか?

 

「映画館で映画に夢中になっているとき」と、同じ感じだからです。

 

「映画館で、映画を見ているとき」のことを思い出してください。

夢中になって見ているときは、そのお話・ストーリーに入り込んでいますよね?

ちゃんとそのお話をわかっていて、

でも、その最中に「これは映画だ、これは映画なんだ」と、ずうっと考えてはいないですよね?

 

はい。確かに夢中で見ている最中に、そんな風には考えていないです。

 

映画だけではなく

『何かに夢中になっているとき』は催眠状態に入っているときなのです。

ヒプノセラピーを受けているときは『ヒプノセラピーに夢中になっています』

 

だからヒプノセラピーのときに催眠に入って(映画館に入って)、

セッションを夢中に受けて(お話に入り込んで)、

でもその最中には催眠に入っているとはわからない(「これは映画だ」と考えていない)

というわけなのです。

 

そうなのですね。それなら、わからないですね。

 

そうなのです。

もしも「催眠に入っている」とわかっているとしたら、

それは夢中な状態から抜け出てきているので、

逆に「催眠状態から覚め始めている」ことになります。

 

映画に夢中でも、警報が鳴れば「危ないから逃げよう」と、判断できますよね?

 

主人公になりきるくらい映画に夢中になっていて、催眠状態に入っても

警報が急に鳴ったら「危ない=逃げよう」と判断できますよね?

 

はい。現実に引き戻されて、逃げると思います。

 

この感じがヒプノセラピーのときの意識の状態に近いです。

ヒプノセラピーに夢中になって催眠状態に入っているけど、

自分で判断ができる状態です。

 

深く眠り込んで何もわからないような意識の状態ではなく、

『ちゃんと判断できるくらいの催眠の深さに入る』ということです。

 

夢中になって見ているとき、誰かがカサコソ袋を破ろうとしている音が気になりませんか?

 

夢中になっていて見ているとき、誰かがカサコソと袋を破ろうとしている

その音がやけに耳につくような体験をしたことはありますか?

 

そういえば、やけに耳障りだなと感じたことがありました。

 

その音、普段聞くよりも大きく聞こえていたかもしれません。

 

どうしてなのか?

不思議ですよね。

この続きは、こちらのブログになります♪

「その音、普段聞くよりも大きく聞こえていたかもしれません。」

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP