White Rainbow(ホワイトレインボー)

わかれば、生きやすいきっかけになる。意識の仕組みって?

LINEで送る
Pocket

 

心・意識はどんな仕組みなのか、知っていますか?

心から湧き上がるような感情と頭で考えること。

この足並みがそろっていると、行動しやすいし、生きやすい感覚になります。

 

頭で「考えたり判断する」理性、と、心から湧き上がるような「感情や想像する」感性。

どっちの方が意識の割合としては多い・強いと思いますか?

 

感情や想像する感性・潜在意識(無意識)が90%以上を占めていて、強いです。

 

 

上の図のように、感情や感性・想像力がある潜在意識の方が、考えたり判断する顕在意識よりも

ずっと大きな割合を占めています。

 

そして、その大きな割合の中に『記憶』もあるのです。

頭では忘れてしまっているような、生まれてきてから今この瞬間までのすべての記憶がここにあります。

 

こんなに割合が違っているのですね。知りませんでした。

心の中にはすべて記憶されている、っていうことですよね?

 

そうです。

「記憶したことを自動的に使って」理性・顕在意識が色々判断して行動しているのが普段の生活です。

記憶がある、潜在意識に強い力があります。

 

顕在意識と潜在意識の間には「クリティカルファクター」という膜のようなものがあって、

必要以上の記憶が出てこないようにしたり、外からの刺激を記憶に入れ過ぎないようにしたりしています。

 

自動的に使う、ってどういう感じなのですか?

『無意識にやっていること』です。

頭はできるだけ楽をして行動したいのです。

 

だから記憶に「これは~だから、こういう感じにする」とインプットされていると、

自動的に・無意識にそう行動してしまうのです。

 

なんだかプログラムされて、動いているみたいになっているのですね・・・

 

「記憶のプログラム=思い込み」を変えれば、行動も変わります。

不可能から可能へジャンプするように!

 

そこで、心の中・潜在意識にある記憶で、

今の自分には合っていない「これは~だから、こういう感じにする」を見つけて変えると、行動も変わっていくのです

今の自分が生きやすい行動ができるようになります。

 

特に強く記憶されるのが『感情が強く動いた時のこと・その時の判断』です。

 

こういう強い記憶はどれだけ昔のことでも、強い影響力があります。

極端ですが、それが前世だとしてもです。

ヒプノセラピーではこういった前世からの原因でも、「これが原因だった」とわかることで変えていけます。

生まれる前・お腹にいた時のことでも、感じることで色々わかっていきます。

 

どうやって原因を見つけ出すのですか?

お話を伺いながら、あなたの心の中に問いかけていく感じです。

あなたの「こうしたい・こうありたい」の足を引っ張っている、記憶やプログラムされたような思い込みが

浮かび上がってくるように目的を絞っていくのです。

 

リラックスして、心に問いかけていくのがヒプノセラピーです。

どうして、リラックスして行うのですか?

 

クリティカルファクターを緩めていくためです。

心と身体がリラックスすると、普段は顕在意識の下にある潜在意識が上に出てきやすくなります。

そうすると、心の中にある記憶や思い込みも浮かび上がり、

五感を集中させて「それが何か」を感じ取りやすくなるからです。

 

意識・心の不思議、他にも書きたいことが色々あります。どうぞお楽しみに♪

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP