White Rainbow(ホワイトレインボー)

人生の流れは「決まっている」?「守られている」?・・それはあなたの見方次第

LINEで送る
Pocket

 

人生って「川の流れのように」という歌があるくらいなので、やっぱり流れがあると思うのです。

「川の流れのように」(美空ひばりさんの名曲です♪気になる方は検索してみてくださいね。)

うまくいっている時「流れに乗っている」とか「いい流れが来ている」とか言いますよね?

逆にうまくいっていないと「流れが止まった」とか「流れが変わった」と言ったりします。

 

『流れ』がある、ということはその流れを支える壁のようなものがあるわけです。

 

川には土手・堤防があるから、その間を水が流れることができています。

 

その「流れを作る」ための壁。

それはただ「そこにあるもの」です。

 

ただそこにあるものを「決められている」とするか「守られている」とするか。

それはあなた次第です。

 

「もうどうせ決まっているんだろう、流れなんて」か「ちゃんと守られているから流れていくんだ」か。

 

どちらもあなた次第ですが、その時の心の状態や、気持ちが上がっている下がっているでも、感じ方は変わりますよね?

それを「どう捉えるか」は、その時のあなたの心次第なのです。

 

「人生の川を歩く体験」をした時に感じたことです。

 

何年か前ですがバイタルダンスの体験会に行った時のことです。

それはテーマや音楽に合わせて自由に体を動かしていくものでした。

ただ動きたいように動き、ただただ楽しく動いていけばいい。そんなダンスだったと思います。

心と身体は繋がっているので、そうやって身体からどんどん自由になっていくと、自分の心も自由になっていって、楽になっていく。

そんな感じがしていました。

 

この体験会の最後の方だったと思うのですが、参加していたみんなの身体もいい感じに、心もいい感じにほぐれてきた時に

「人生の川の流れのワーク」があり(名称は違っているかもしれませんが)、その体験がとっても良かったのです。

 

人生は「目隠しをして」川の流れを歩くようなもの、かもしれません。

 

みんなで左右に分かれて川の壁役をします。川だからちょっとくねくねさせたりしながら、

左右の間を「人がある程度自由に歩けるように」空けておきます。(120~150㎝くらいだったような気がします)

そして、順番に一人ずつ「目隠しをして」歩いていきます。

全体を見ているスタッフが肩を軽くたたいてくれたら、それが歩き始める合図です。

 

すぐに歩き出す人もいるし、なかなか進めない人もいました。

何と言っても目隠しをしているから、「先が見えない」のです。

そうやって歩くのがどんな感じなのか「わくわくしながら」歩く人もいれば、「怖くてドキドキ」している人もいます。

 

くねくね曲がっているけれども見えていないので、そのまままっすぐだとうまく進めない時には

壁役の人が声は出さずに「手でただ優しくその人に触れて」「方向を変えられるように」誘導します。

 

人によって歩くペースが違うので、時には前を歩いている人とぶつかりそうになったりします。

それも目隠しをしている人には「見えないからわからない」のです。

そういう時も壁役の人は声は出さずに「手でその人に触れながら『止まって』と伝えます。

 

最初は「止まって」の合図がわからずに、進み続けようとする人もいます。

そんな時は壁役の人も、少し強めに合図して止まるように伝えます。ぶつかったら危ないですからね。

 

怖くて、足がなかなか前に進まない人には壁役の人たちが「優しく前に押し出すように」手を添えていきます。

「大丈夫だよ、前に進めるよ」そんな感じで押し出していく感じです。

 

こうして歩いて行って、川の終わりにはスタッフの人が待ち構えていて

「お帰り」と言って、抱きしめて受け止めてくれるのです。

ここで目隠しを外します。

 

そして、歩き終え、帰ってきた人たちが壁役になって・・続いていくのです。

 

泣きながら歩いている人もいました。

それくらい「人生って守られているのだな」と、うれしいような、優しいあたたかさで満たされるような、包まれるようなワークでした。

 

見方が変われば、気持ちも変わります。

 

生きていると、ワークであったようなことがありますよね?

「何で進めないのか、わからない」

そんな時は壁のように守ってくれて、全体が見えているものが「危ないから」と、止めてくれているときかもしれない。

 

怖くて足がすくんでいるのに「さあさあ行って」と、押してくれるような状況の時は、

「大丈夫、行っていいんだよ」と、伝えてきているのかもしれない。

 

そんな風に思ってみると、なんだか楽になってきませんか?

 

どんな風に見て、どんな風に思うか・考えるか。

それだけで、180°違った感じ方になるかもしれません。

 

あなたの心の感じ方に変化を起こしてみたくなったら、お問い合わせください。

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP