White Rainbow(ホワイトレインボー)

流れを守る壁の向こう側は?・・不可侵領域かもしれません??

LINEで送る
Pocket

 

人生は「流れのようなもの」だから、流れを支える壁のようなものがあります。

それについて「人生の流れは「決まっている」?「守られている」?・・それはあなたの見方次第」というブログを書いたのです。

書きながら、思い出したことがありました。

 

「じゃあ、壁の向こう側って、どうなっているのかな?」

そんな風に思ったりはしませんか?

 

問いかけているくせに私は思ってはいなかった、疑問を持ったことがなかったのです。

でも以前セルフヒーリングをしていて瞑想状態になったときに、たまたま向こう側をほんのちょっとだけ覗いた瞬間がありました。

・・多分、壁の向こう側なんだろうな、とは後から思い至ったのですけど。。。

その時に感じた体験談です。

 

どうしてかはわからないけれども、引き寄せられる小さな穴がありました。

 

その穴はとっても小さな穴で、針の先よりも小さい。そんなイメージです。

そんなに小さな穴なのに、気になって近づいていきました。

 

穴に目を向けた瞬間のことです。

「圧倒的な光」「圧倒的な情報」

言葉にするなら、こういう感じです。

「言葉に託されている本質の光とかエネルギーが、純粋にそこにある」と言えばいいのでしょうか。

 

そして同時にものすごい吸引力を感じていました。

あえて言うなら「吸引力を誇っているダイソン掃除機にシュン!と軽々吸い込まれそうな、ちっぽけな自分」的な感覚です。

 

(ヤバい、ヤバい、ヤバい、ヤバい)

と、すぐにその穴から離れました。

 

針の先よりも小さな穴なのに、この圧倒的な力に飲まれそうな感じがしました。

これくらいの小ささだったから、体験談で済んだものの、これよりも大きい状態だったらポックリと死んでいたかもしれない。

 

そう思うくらいの強さでした。

 

魂が傷つかないように守られているような感じがしました。

 

今の人間の状態で壁の向こう側に触れるのは、無防備というよりも「適した状態ではない」という感じがしました。

この時は「たまたまほんのちょっとだけ垣間見せてもらえた」という感じです。

 

人間として生きている間は、この壁を突破するようなことがない造りになっていて、

その中で安全にすったもんだして、体験して、気づいていくようのなっているのが「人生」だと感じます。

 

だから、人が持つ推進力・エンジンみたいなものも、それ相応の「安全壁を突き破らない出力となっている」そんなイメージです。

 

ただ万万万々一、何かの拍子で壁が薄くなっていたりして突き破るような事態が起きるなら、

経験を積んできている魂の方を優先して保護するために今のこの肉体を持って生きるのを一旦終了する、強制回収するシステムもあるような気がします。

 

せっかく個として積んできたのに、一気に還ってしまうのはもったいないから・・想像すると、そんな気がします。

 

「システムの中」だけど、「生き抜いて経験を積むためのルート」として構築されているかもしれません。

 

私たちが生きているこの身体や人生は、ある意味決められている「システムの中」かもしれません。

でも、このシステムの中だから私たちが「この人生を生き抜いて、安全に経験を積むためのルートが構築できている」という感じがします。

私の拙い経験ですけど、そんな風なものがあるって思っています。

 

だからこそ生きていく中で、理由がよく分からなくても止まってしまう時には、

もしかしたら、そんなシステムや壁が安全を守るために働いていることがあるかもしれないですよね?

 

そんな時には「そうか、今はこうする方がいい、って守りの壁が言ってくれているのか」って、

そんなふうに考えてみると、ちょっと気持ちが楽になってくると思います。

 

あなたの人生の流れを信じて、顔を上にあげて進んでくださいね。

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP