White Rainbow(ホワイトレインボー)

愛のない「と感じた」出来事で傷ついたなら、愛あることで癒せばいい

LINEで送る
Pocket

2019年1月に中島勇一先生の講座に参加しました。

先生の最近の考え方(「中島勇一のセッションルーム」YouTubeチャンネル、おすすめです)やグループワークなど、

多彩な内容であっという間の1日でした。

 

その中で(そうだよな)と思ったことの一つに

「愛のない出来事で傷ついたなら、愛あることで癒せばいい」というお話がありました。

 

私たちは生きていく中で、心が傷ついたとき

「とりあえず」その傷ついた想いは心の奥に押し込んで

その場を生き抜くために見なかったことにしています。

 

傷ついた、ということを「なかったことにしたいから」です。

心の奥に押し込んで、表面上は見えなくすれば

「なくなったような気がする」からです。

 

そうやったとしても押し込めた想いは

やっぱりなくなるわけではない、ですよね?

 

ふとしたきっかけで「その傷ついた想い」は、

ひょっこりと現実の世界に顔を出してきます。

 

あなたに気づいてほしいから。

押し込められたところから、解放されたいから。

 

こういうとき、あなたに合ったカウンセリングやセラピー、セッションなど受けて、

傷ついた想いを癒していくのが、解決への早道かもしれません。

 

けれども、なかなかそうはいかないときもありますよね?

それなら『愛あることをすればいい』のです。

 

あなたが、あなた自身に「愛あることをする」

「あなた自身を大切にするために、できることをする」

これが一番大事です。

 

そして、『あなたの周囲に愛ある行為=いいことをすればいい』のです

 

ゴミを拾う、誰かに優しくする、お手伝いする、

ボランティア的なことをする、笑顔で挨拶する・・・などなど

 

「あなたにできる範囲で、周囲に愛あること・いいことをする」

そう、ほんの小さなことでいいのです。

 

そうしていると、いずれ「その愛ある行為」は、

あなたへと還ってくるからです。

なぜかと言うと、「周囲にあるものは、自分自身の内側にあるもの」という見方があるからです。

 

そうなると、あなたが「周囲にしている、その愛ある行為」は

「あなた自身に対しても、愛ある行為・いいことをしている」のと同じことだからです。

 

こうしていけば、時間はかかるかもしれないけれども

着実に傷ついた想いは癒されていくのだな、と思いました。

 

この講座を受けていた時に、同時に頭をよぎっていたことがあります。

それは・・

出来事について『愛がない・愛があると感じるのは、その人次第だから』ということです。

 

出来事について「いい・悪い」というのは

その人の見方や立場、感じ方でコロコロ変わるものだからです。

 

だから、意地悪い言い方になりますが、

愛のない出来事というのは、その人が「そう感じたから、そうなった」だけ、です。

 

この感じ方を「よい方・好ましい方に変える」ために

色んなセラピーやセッションがあります。

 

そして、できる範囲で愛ある行為・いいことを周囲にすればいいのです。

 

出来事はただの出来事、いいも悪いもない。

 

そのうえで、

『出来事すべてに愛がある』と、感じられるように生きていたら・・・

 

きっと穏やかに笑って、それだけで、

周囲に愛を伝えて、愛を受け取っていくのでしょう。

そんな人生になるように、生きていきたいですね。

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP