White Rainbow(ホワイトレインボー)

胎児期をヒプノセラピーで感じたことが、本当に合っていてビックリ!

LINEで送る
Pocket

先日、講座アシスタントしていた時の体験です。

 

先日がIHCイーハトーヴヒプノセラピーカレッジの講座で、アシスタントとして参加しました。

その中で「胎児期退行」という、お母さんのおなかの中にいた時の『胎児の自分』を感じるための

ヒプノセラピーを学ぶ日がありました。

 

「お腹の中?!こんな時の自分が思い出せるの?!」

そう思われる方も多いですよね?

 

でも、心の奥にはちゃんと記憶されています。

だから心と身体をリラックスさせて問いかけてくと、なんとなくわかってくるのです。

 

お母さんのおなかの中にいた時へと戻っていくと・・8ヶ月の胎児の私になっていきました。

 

この胎児期退行の実践ワークの時に、クライアント役(セッションを受ける側)をやることになりました。

何回か体験していますが、その度に新たな発見があります。

ここには一部抜粋して書きます。

 

セラピスト役の方の誘導で、お母さんのおなかの中にいた時へと戻っていくと・・8ヶ月の胎児の私になっていきました。

 

周りは黒っぽくて、狭苦しいです。

別にいやな感じはなくて、育ったからとこうなった、という感覚です。

私は「上向きで丸まっていました」

 

この時期に上を向いているので、「逆子」と言われる状態でした。

この場面を感じている時は、そのことに気が付いていませんでした。

 

もう生まれ出る、という場面になって

「出口はわかりますか?」と、セラピスト役の方に言われた時「わかります」と答えましたが・・

頭が上で、白く見える出口は足の下の方にありました。

 

ここで(これはマズイぞ)と、気が付きました。

(足から出ると、母体が傷つく)そう感じていました。

 

向きを変え始めて、くの字っぽくなったところで外に出始めたようでした。

途中から、するんと出ていった感じです。

 

数日後、母に会ったので確かめてみたら「ずっと逆子だったよ」と言われました。

 

このセッションが終了した時、見ていた方たちから

「実際に逆子だったの?」と聞かれましたが、

母に聞いたことがなかったので、「今度聞いておきます。」と答えました。

 

数日後、母から連絡が入って、翌日会いました。

会わない時は数か月会わないのですが、有言実行?になりましたので、尋ねてみました。

「ねえ、私って逆子だった?」

「うん、ずっと逆子よ」「直前に逆子じゃなくなったけど」

もうビックリ!!でした。

 

なんでそんなことを聞くの?と、聞かれたので

ヒプノセラピーで、胎児期を感じてきた時の話を伝えました。

 

また母から

子宮口が開いているのに、全然出てこなかったのよね

と言われたので

それは「外に出るのヤダ!」「ここは気持ちいいのに、外は寒いでしょ?!」って、ごねていたからね

(これについては「お腹の中にいた時の自分をヒプノセラピーで感じたら・・おっちょこちょいでした。」で、書いています。)

と話したら、やれやれという面持ちでした。

 

聞いたことがないこと・頭では忘れている胎児期のことも、潜在意識には記憶がありました。

 

そして、小さい頃であればあるほど、

「思い込んだこと」は、今という時にも影響しています。

 

その「思い込み」は今のあなたに必要なものでしょうか?

その思い込みを変えられたなら、どうなるでしょうか?

 

その時、どんなあなたになるでしょうか?

そんな自分を感じてみたい、そう思われる方はお問い合わせくださいね♪

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP