White Rainbow(ホワイトレインボー)

気付きはその人の宝物。だから待っているのも大事なこと。

LINEで送る
Pocket

子どもの宿題に付き合った時のことです。

その宿題の科目が私の得意分野ではなかったので、

「教えて」と言われたものの、実際には子どもから教わっていたりしていました。

 

「えー!知らないの?」「もう忘れているわ~、それどうやるの?」

こんな感じで、ただ一緒に教科書を見ているだけで教えてはいませんでした。

 

それでも、だんだんと解き方がつかめたようで

最後には子ども本人が、解けずにいた問題を解くことができたのです!

その瞬間の顔の輝きは、素晴らしかったです。

 

自分で気が付けたから本当に「わかって、うれしい」という表情でした。

 

もしも私が解き方を最初から最後まで全部教えていたら、こんな笑顔は出てこなかったでしょう。

それは「ただ答えが出ただけ」だからです。

ただ宿題が終わっただけのことで、心に何も残らない感じがします。

 

過去を振り返っても、教科書の裏についていた答えを丸写ししただけの問題は、

「その場しのぎなだけ」で解き方はわからないままでした。(はい、数学が苦手でした)

スイスイとは解けなくても、自分であれこれ試して、気づきながら答えを得られたこと。

「自分で見つけられた」から「心からわかって」「うれしい」のだと思います。

 

その人の「気づき」を信じて、待つ。それはヒプノセラピーでも同じです。

 

ヒプノセラピーを行っている時、そのセッションを受けているクライアントさんは

自分の心の奥・潜在意識から浮かび上がってきたことから

自分自身で気が付いたことを感じることで、

メッセージや答えを受け取っていきます。

 

その時セラピストは

クライアントさんが

「自分自身で気づき、必要なメッセージを受け取っている」と信じて、

『気づきを得ている時間を、十分味わえるように待つ』

 

そんな風に、寄り添っています。

 

自分で気づく、その瞬間が人生の宝物。

それを大切に進めていく、そんなヒプノセラピーに興味が出てきた方はお問い合わせくださいね♪

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP