White Rainbow(ホワイトレインボー)

夢とキャッチボールする方法、やってみますか?

LINEで送る
Pocket

 

「夢に問いかけて、答えかもしれない夢を見ました。どうすればいいですか?」

「夢に問いかける、ってやったことはありますか?」というブログを書いたのですが、

「問いかけて夢を見たら、どうするといいですか?」とご質問をいただきました。

 

おすすめは『夢の一場面を絵にして描く』ことです。

問いかけてみた夢に限らず、

気になった夢でも同じように「一番気になる一つの場面」を絵で描きましょう。

 

絵に描くだけ?!

そう絵にする作業は、心の奥・潜在意識からのメッセージが現れやすいのです。

夢を絵にすることで、そこにあるメッセージに気がつきやすくなります。

 

『絵に描いて、外に表現する』

それだけでも、すでに夢のメッセージに応えていることになります。

キャッチボールしている感じですね。

 

100均の画用紙とクレヨンで十分ですのでお試しください。

「描いてみます。でも、その後はどうすればいいですか?」

 
 
って言われそうかもしれないので、さらにおすすめを2つのバージョンで書きますね。
 
『自分だけバージョン』
 
①夢の「気になる一場面」を描きます。(描きたい場面、でもいいですよ)
 
②描いた絵をしみじみ眺めてみましょう。
 
 
絵に描くことで、自分の内から夢を取り出します。
そして、取り出せたので、しみじみと眺められます。
 
そうすると、客観的で冷静に夢を感じる・味わうことができます。
 
なので、しみじみ眺めてみましょう。
「なんで、これを描いたのかな?」
「なんで、ここに描いたのかな?」
 
別に答えをここで見つけなくてもいいのです。
「なんでかな?」と、思う・考えると、心の奥・潜在意識がそれに対して応えてくれます。
潜在意識はいつでも私たちのために、と働いてくれるからです。
 
・また夢を見るのかもしれない。
・誰かの話で「あ!」と、気が付くかもしれない。
・ふと目にしたポスターで何か思い出すのかもしれない。
 
あなたにとって、一番いいタイミングで答えがやってきます。
 
これをさらに進めていくのが、次のバージョンです。
 
『積極的にいくバージョン』
積極的にいくバージョンはさらに動きます!
 
③誰かに描いた夢の絵を見せましょう。
 
ここで重要なのが④です。それは・・・
 
見せた人から言われたことは「そう見えるのか~。」と、そのまま受けとめます。
 
これが大事!一番のポイントです。
 
なぜなら・・・

誰かの目はあなたの目より、客観的に夢の絵を見ることができるから・・気づきます。

 
どうしても自分のことは、冷静に見ていてもどこか甘くなると思います。
それが夢の絵のを描くと、顕著に現れるのです。
夢の絵には、どこかおかしいところがあります。
 
描いた自分はちゃんと描いているのですが、他の人がその絵を見ると「どこかおかしい」ところに気づきやすいのです。
そんなどこかおかしいところに、大事なメッセージが潜んでいます。
 
だから「自分よりも冷静に見られる、他者の目」で教えてもらえばいい、ということです。
 
その指摘について『素直に受けとめる』ことがメッセージを腑に落としていくコツです。
 
 
夢の話はしなくてもいいので、何を描いたかくらいだけ言って、
「何か気になるところはある?何か変な感じなところはある?」
と、聞いてみましょう。
 
「あ~、これ、○○って言ったけど●●に見えるな~」
って言われるかもしれないです。
 
言われたことを「そうなのか、そう見えるのか」と素直に受けとめて、そういう風に見てみたら
視点が変わって何か新たに気づくかもしれません。
 
 
誰かの目を「セラピストの目」として使わせてもらえると、より客観的に・より深く気づくチャンスが増えますよ♪

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP