White Rainbow(ホワイトレインボー)

「もっと手をさすってあげるような時間を持てばよかった」と、前世で思っていたから。

LINEで送る
Pocket

以前、前世療法のワークショップでみた私の前世のひとつです。

 

テーマは「今生、ヒプノセラピーと関わることになったことにつながっている前世」にしました。

リラックスして誘導されて感じていくと、つながりのある前世が出てきました。

 

お江戸、日本橋の薬問屋の娘、として生きている時の私。

父親からは

「かわいい娘だけど、やんちゃばかりで女の子らしくなくて、困ったもんだ。」と、思われています。

 

たとえば、

・家族で食事をとる和室ではなくて、台所の板の間でワイワイとお行儀など関係なく、食べるのが好きでそっちに行っています。
 (そして、父親から首ねっこを掴まれて、和室に連れていかれていました。)

・ある日いきなり旅支度をして、一人で出発しています。
 (町を出る前に、ご近所さんから家に通報されて取り押さえられました。)

 

こんな感じで女の子らしくない日々を過ごしていたようです。

そして、次の大事な場面に移りました。

 

住んでいる町が大火事に見舞われていました。

 

この時私は「ああ、物は消えるな・・・」

そう思いながら、遠くの火を見ていました。

 

火事が鎮火したとき、多くのけが人が出ていました。

 

薬問屋だけど在庫は全て出してしまい薬はもうない、けれども全然足りていない状況の中、
「助かるか助からないかはわからないけれども、今私にできるのはこれだけだから。」
そういう思いで、近くにいる人の手をさすってあげていました。

 

「手をさするだけしか、もうできることがないから。」
そんな感じでした。

この後は薬問屋として復興するため、家を建て直すために商売に忙しくしていました。

 

老衰で大往生で死ぬとき、

布団の周りには家族が集まっていて、すぐ側にはよくなついている孫もいます。
「幸せだった」そう思いながら、身体から魂が離れていきました。

 

「やり残したことは?」そう尋ねられた時、答えました。

 
ではやり残したことは?と、
セラピスト役の方から尋ねられた時に
「もっと手をさすってあげるような時間を持てばよかった」
 
そうすぐに答えていました。
 
今生の私にとってのヒプノセラピーは、『誰かの手をさすってあげるようなこと。』
 
そんな寄り添いの時間を持てるような手法。
物を持っていなくても、できること。
そんな感じがしました。
 

そして前世の自分から、今の私へのメッセージは・・

「今のままでいいじゃない。大丈夫よ。」
でした。
 

ワークショップだったので、前世の自分とのやりとりは簡略されているのですが、

前世の自分が、いるべき世界へと還っていく時に思わず

「あなたの培った商売繁盛のエッセンス、ください~!」

と、心で思いっきり伝えちゃいました。

 

実際のセッションでは、こういったやりとりもしっかり行えますよ。

 

やっぱりヒプノセラピーはおもしろくて、奥深くて、楽しいです。

興味が出てきた方は、お問い合わせくださいね♪

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP