White Rainbow(ホワイトレインボー)

私が聞いた「ゲシュタルトの祈り」にイラストをつけてみた♪

LINEで送る
Pocket

聞いた時、涙が出たフレーズを覚えておきたくて・・イラストつけました♪

 

先日ふじわら真理子さんが開催された

『体からの気づき/ソマティックゲシュタルト』~レジェンド百武正嗣氏から直接学べる心と体ワークショップ~に参加してきました。

 

 

 

 

あるワークの終わりに、百武さんが口にされたフレーズを聞いていたら涙が出てきました。

 

それが「ゲシュタルトの祈り」だと、後で知りました。

 

「ゲシュタルトの祈り」とは、ドイツの心理学者フレデリック・S・パールズ(1893~1970年)がローラ夫人と共に創設した

「ゲシュタルト療法」で使われる「祈り」です。

 

 

ネットで検索したものと、私の耳に残っているフレーズは違う部分がありますが

私が聞いた(と思う)フレーズの方が好きなので、それを残したいと思います。

(イラスト:ちょこぴよさんからお借りしました。ありがとうございます♪)

 

 

私は私
あなたはあなた

 

私は私の人生を生きる
あなたはあなたの人生を生きる

 

私はあなたの期待に応えるために生きているのではない
あなたも私の期待に応えるために生きているのではない

 

私は私
あなたはあなた

 

もし共有できることを共有できたら うれしいけれど
できないことは仕方がないこと

 

 

 

 

 

 

 

 

「できないことは仕方がないこと」

 

どれだけ同じ場所、同じ時間を過ごした家族や仲間だとしても、

共有できることはできるし、できないことは仕方がないこと。

 

できないことはダメじゃない

誰かのせいでもない。

 

ただ できないだけの仕方がないこと。

『赦(ゆる)された』

そんな風に感じられた、のかもしれません。

 

あなたはどんな風に感じるでしょうか?

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP