White Rainbow(ホワイトレインボー)

「水の中の瞑想会」体験♪想像以上におもしろかったです

LINEで送る
Pocket

 

5年ぶり?!水の中へ入ることにしました

 

数年前にイーハトーヴヒプノセラピーカレッジで知り合ったトムトムさんと久しぶりに会って話していた時

「来週『水の中の瞑想会』をする」と聞いて、その場で申し込みました!

 

気になりつつも中々タイミングが合わなかったので、申し込みそびれていた会だったのです。

 

思い返してみれば、ここ5年くらいは水着を着て泳いでいなかったので

さらに楽しみになってきました^^

 

顔に水が触れると、心拍数が減少する=リラックス効果がある

 

いざ当日!

武蔵小金井にある『PLATYPUS』のプール(東京には2か所しかないダイビングプールの1つが、ここです)で体験です♪

まずは座学から始まりました。

 

水の密度は空気と比べると800倍もあることや、

肺に入っている空気で浮かぶこと。

 

そして、

『水に顔をつけると、すぐに心拍数が減少する(徐脈)=リラックス効果がある』

だから『深い瞑想効果を感じやすくなる』そうです。

 

 

それと、シュノーケルの使い方(口呼吸をする)などを教えていただき(「あ」で口の中へくわえて、「い」で軽く噛んで、「う」で唇でピタッと覆う)ついにプールへと向かいました!

 

くにゃくにゃ~ 海藻みたいな体験♪

 

まずは手のひらで水の流れを受けながら歩いたり、肩まで入るように大股で歩いてみたりと

水の抵抗の違いを感じました。

 

その後が、とても気持ちいい「くにゃくにゃ~」な体験でした。

 

水に浮かんで、インストラクターの金子さんに首の後ろと肩甲骨の間に手を添えられて

スイ~と水面を連れられていくのです。

 

「力を抜いてね」と言われて、抜いているつもりでも

首や肩甲骨には無意識に力が入っているようで、優しく何度もゆすられながら

水の上を全部委ねて漂っていきました。

 

海藻が水の流れに任せてユラユラしているような感じです。

根っこのところは、添えられいる手があるので、安心していられるのです。

 

これが本当に気持ちよかったです^0^

これだけでも参加した価値がある、と思うくらいでした。

 

『力を抜いて大丈夫』

『力みを抜く方がうまく流れる』

 

そんな感じを体感できました^^

 

くらげになったみたいに浮かんだり、沈んだり・・

 

初めてのシュノーケリングでは、

口呼吸を意識して、ボーっと水中に漂っていました。

 

耳に入っている水が外の音をシャットアウトしていたようで、

聞こえるのはシュノーケリングを通した呼吸音だけになっていきました。

 

音に集中した、変性意識状態・トランス・催眠状態で、瞑想状態に入っていく。

そんな感じでした。

 

そうしていると

息を吸うときには背中が浮かび上がり、息を吐くときは水中に沈んでいくようになりました。

背中の丸みが、くらげの頭?の丸いラインのような感じになっていました。

 

(お~座学で聞いた通りだわ)と思いつつ、浮き沈みの浮力を楽しんでいました^^

身体と心がリラックスしていったから、かも?!

これも初めての体験でした!

 

たまに吸う息が入りきらない?外から蓋をされたようになったりもしましたが、

吸う息と吐く息のテンポは変えずにいたら、その次は元通りになりました。

理由は聞いていないのでわかりませんが、もしかしたら水圧とかかもしれないですね。

 

座学でも言われたのが

「吸えない!など、突発的なことがあったら、マスクとシュノーケルを外せばちゃんと息ができますからね!」

でした。

 

何事も慌てずに対処すれば大丈夫で、大事ですね。

 

「あ、息しなくていいんだ。めっちゃ楽じゃん!」な体験

 

最後はシュノーケルを外して、息を止めて浮かぶ体験でした。

 

シュノーケリング中に何度か水が入ってきて飲んじゃったりしていたので、

「外しましょう」と、言われたとき(あ、これで水飲まなくて済む)と思っていました^^;

 

息の吸い込み方も座学で教えていただいていたので、実践して水に浮かんでみました。

(お腹も肺も十分広げて吸い込んで、喉の上辺りまで入ったら「ゴクン」と飲んで、鎖骨と鎖骨の間のくぼみくらいまでに下げて落ち着かせる感じ)

 

それまでは(シュノーケリング・口呼吸・吸って・吐いて・・)を

頭の片隅に置いて、実行していたのに

(あ、息しなくていいんだ。めっちゃ楽じゃん!)と、思う自分がいました。

 

肺を動かすことに力を使わなくていい。

 

地上生活で呼吸しない、と思うと(うわ!死んじゃう!)と不安になるし、

(息を止めていることは、苦しい)と、考えてしまっていたのに・・・・・

 

肺すら動かさなくていい。

 

そう思えている中での力の抜け感は、

さらにボーっとしていく深い瞑想感覚・浮遊感でした。

 

今までの「苦しいはず」から「楽じゃん」へ と

考え方が切り替わる瞬間を味わっていました。

 

この感覚は以前ブログで書いた

『体からの気づき/ソマティックゲシュタルト』で感じられた感覚&記憶

 

この時の「身体の海を潜水するような」不思議な感覚にも似ているような感じがしました。

 

プールの水底の光の模様や、隣のダイビングプールの深い水の青。

ダイビング練習をしている方の空気の粒のきらめきが、とてもきれいでした^^

 

今回参加できて、本当によかったです!

 

インストラクターの金子さんからは

「水、怖くないよね^^」

「息、長いね^^」

と、声をかけていただきました。

 

久しぶりの水中体験でしたが、水の中はやっぱり気持ちよかった~^0^~です♪

 

リクエスト開催されているそうです

 

私が今回体験した「水の中の瞑想会」は、

2人以上でリクエスト開催していただけるそうです。(間違っていたら、ごめんなさい)

 

興味がある方はトムトムさんのホームページ 『トムトム・Oneness』

から問い合わせしてみてくださいね^^

 

日々のセルフケア&瞑想状態を感じられる

『セルフヒーリング体験講座』っています。

 

『セルフヒーリング体験講座』

 

無償伝授4種のエネルギーで自分自身で心身を癒していく

感覚・コツをお伝えします

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP