White Rainbow(ホワイトレインボー)

何度も同じ夢を見て、カルマを解消していたのかも?!~息子編~

LINEで送る
Pocket

今回は息子が5歳の頃に何度も見ていた夢について、です。

 

以前「熱を出す前に見ていた夢で、カルマを解消していた?!」というブログを書いたのですが、

これは私自身の話です。

 

今回は息子が5歳の頃に何度も見ていた夢について、です。

 

息子は5歳よりも小さい頃から大きな音が苦手でした。

特に打ち上げ花火の音が苦手を通り越した、怯えっぷりでした。

 

その当時住んでいた地域は、毎夏川沿いで大きな花火大会があって

家にいても花火の音が「ドン!」と響くようなところでした。

 

そんな時、息子くんは耳栓をして、自分の両手で耳をふさぎ

私の膝の上にのり、さらに自分の手の上から私の手を置いて

「ギュッとふさいで!」と、言うのです。

そうしていても半泣きになりながら「まだ聞こえる・・・」と言って、

ひたすらに打ち上げが終わるのを耐えていました。

 

そんな様子を毎年見ながら

(耳が敏感なのかな)とか(昔飼っていた犬みたいだな)と、のん気なことを考えながら

花火好きな私は(今年も見れないのか~)と、残念に思っていました。

 

引っ越したら、飛行機の騒音が「過去最高のうるささ」の時と場所で、驚きました・・そして夢が始まりました

 

息子くんが5歳の頃に引っ越しをしました。

下見をしていた時は一度も飛んでいなかった飛行機が、

引越しをしてきたら「とんでもない爆音」で上空を飛んでいく時期にあたってしまいました。

 

飛んでくると、テレビの音も聞こえない、話もできない・伝わらないくらいの大きさです。

窓がビリビリしていることもありました。

 

この時期が「過去最大級のうるささ」でした。

 

私も驚きましたが、それ以上に大きな音が苦手な息子くんは相当驚いていました。

昼日中に、時には夜もランダムで飛んでくるので、

彼自身の手で耳をふさいで、必死にやり過ごしていました。

 

そうして3週間後くらいの夜中1~2時くらいに、息子くんが悪夢を見始めました。

 

夢を見ながら、5歳の子とは思えない「青年の声」で、悲痛な叫びをあげていました。

 

夜中の1~2時くらいに寝ている息子くんが

「うわあああああ!」と叫んで、飛び起きました。

 

目は閉じたままです。

悪夢を見ているようでした。

 

その夢の中で起きていることを、実際に口にして、

身体を動かそうと、もがいている感じです。

「今まさに体験している」という感じです。

 

(なに?何?どうしたの?!)

泣きながら叫び、もがいている息子くんを抱っこしながら、

なだめていますが、さらに叫びが激しくなっていきました。

 

「うわあああああああ!」

「逃げろー!」

「ああああああああああ!」

15~17歳くらいの青年の声で、叫んでいます。

 

そして右後方に向かって「君!危ない!!!」と叫んでいますが、

直後に「ああー!!!」と、叫びます。

 

そして泣きながら走って逃げているようですが、

すぐに「あーーーーーーー!」と、叫んでいます。

ここで青年は死んだようです。

 

その後、激しく泣き続けました。

そんな息子くんを、私とダンナ様と交互に抱っこしながら

「大丈夫だから」「もう大丈夫だよ」となだめ続け、

1時間近く経ってようやく眠りにつきました。

 

声や言い回しが、普段の幼いしゃべり口調ではない

『青年風の礼儀正しい、はっきりとした物言い』だったのが不思議でした。

 

今の私には、これは「真性退行」という状態で

「その人・青年になりきった状態」と、理解できます。

 

ヒプノセラピーのセッションの時には、

こういう「人格交代・意識交代」という

「その人になりきって、どう感じているか」知る、ということもします。

 

この当時の私は、

(引越しのストレスに重なって、騒音もストレスになっているだろうから悪夢くらい見るよね・・)

という気持ちでいました。

 

次の日の夜も、また次の日の夜も・・同じ時刻に飛び起きて、同じように泣き叫びましたが・・

 

次の日の夜も、その次の日の夜も・・

息子くんは同じ時刻に飛び起きて、同じように泣き叫びました。

 

でも、4日目くらいからは少しずつ、

叫び方や泣き方が軽くなっていきました。

 

そして1週間後くらいには時刻は同じですが、飛び起きることもなく、

ただ「わーん!」と、大きく一声あげました。

 

そんな息子くんの背中をトントンとしながら、「大丈夫だよ」と声をかけていたら、

そのまますぅと眠っていました。

 

これが繰り返した夢の最後でした。

 

夢は「夜中に空襲を受けて、逃げている青年・学徒動員」のような感じでした。

 

この夢を見ている息子くんは、夜中の出来事を覚えていないようでした。

 

でも、あの青年の声で叫んでいる様子から

「夜中に空襲を受けて、爆撃から逃げている青年。一緒に逃げている人たちがいるので、学徒動員されている時かも。」

そういう印象を受けていました。

 

横を走っている人に「危ない!」と声をかけた直後に、爆撃で亡くなっているような感じ。

それを感じつつも、自分も走り続け、逃げなくてはならない。

それもつかの間、自分も爆撃を受けて、叫びつつ死んでいく。

 

とても辛い死を迎えたのだな、と思います。

その時・死に際の『強いショックや、悲しみ』を、繰り返し夢を見て解消していったような感じです。

 

時には今生とつながりがある、「前世での亡くなり方」が強く影響することがあります。

 

憶測ですが、打ち上げ花火の大きな音は、爆撃の音を感じさせていたのかもしれません。

毎年聞いているうちに、心の奥底にあった今生とつながりがある、「前世での亡くなり方」

刺激されていたのかもしれません。

 

そして、引越しを機に一気に浮かび上がってきて

『夢を使って、そのショックで固まった思い・心残り・エネルギー』を開放していったのだと思います。

 

今生とつながりのある「前世での亡くなり方・心残り」は、

今生の思考パターンや行動の仕方に、強く影響することがあります。

 

それが「生きにくい原因になっている時も」あります。

 

そういう時に、ヒプノセラピーで原因を心の奥から浮かび上がらせて

確認して、解放していくことができます。

 

5歳の頃の息子くんは、それを夢で行ったのだと思われます。

上手な解放の仕方ですよね。

もし、お子さんが悪夢で泣いたり、夜泣きが激しい時は、

今生を生きやすくするために

「夢で解消しているから」かもしれませんね。

成人した息子くんに、この夢のことを聞いてみました。

・・・という夢を見ていたけど、覚えている?

いや、全然。初耳、って感じだし。

打ち上げ花火が苦手で、耳をふさいでいたのは?

いやぁ?!そうだったの?覚えてないな。

だそうです。

今では、花火大会に遊びに行くくらいですからね。

 

ちなみに、

・この夢の繰り返しが終わった後、程なく「過去最大級のうるささ」も終わりました。

・「レッドバロン」という、第1次大戦のドイツ空軍の撃墜王の物語の映画が大好きになって、何度か観ました。

・しばらくこの時代の戦闘機が好きになって、絵をいっぱい描いていました。

 

人生は、ちゃんといい具合にいいタイミングで導かれているもの。

そんな感じがしませんか?

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP