White Rainbow(ホワイトレインボー)

胎児期をヒプノセラピーで再体験した後、変わったことは?・・あります

LINEで送る
Pocket

初めて胎児期退行をしっかりと学んだ時の体験です。

「お腹の中にいた時の自分をヒプノセラピーで感じたら・・おっちょこちょいでした。」

このブログの最後の方でも軽く書いているのですが、

 

実は小さい頃、のどが弱く、熱もしょっちゅう出していました。

(もしかしたら生まれた瞬間、冷たい空気が身体に入ったことで、ちょっと弱くなったのかもなしれないな)

そんな風に思い当たることもありました。

 

こうしてまずは「その時どんなことが起きて、どんな風に感じたか」を再体験していきました。

(詳しくは「お腹の中にいた時の自分をヒプノセラピーで感じたら・・おっちょこちょいでした。」をご参照ください♪)

 

 

まず、初めにお母さんのおなかから出た時に感じたのは、

・ヒュッっとのどに入った冷たい空気

・寒々しい分娩室

でした。

 

そこで「自分が生まれ出たい感じにして」もう一度『生まれなおしました』

 

「では、あなたのタイミングで安心安全に生まれ出てください」

こうして、改めて生まれ出ることになりました。

 

私にとっては、とにかく「冷たい空気」と「寒々しさ」が居心地悪かったので、

ここを心地よい状態にしてから、生まれ出よう!と思いました。

 

そこで生まれ出る前に、イメージしました。

(分娩室の中は、あたたかな空気で満ちたところ)

(オレンジ系のあたたかで、優しい明るい光のところに出る)

(出たら、すぐにモコモコ・フワフワなタオルで、あたたかく包まれる)

こんな風にイメージしました。

 

イメージの準備万端!

いざ生まれなおしです!

 

こうしてイメージ通りに、あたたかな光と空気の中に出て、

すぐにモコモコ・フワフワタオルに包まれて、とても心地よく生まれ出ました。

 

もちろん、のどに違和感なんて全くありません!

 

安心安全に心地よく生まれなおしたセッション後の「私ののど」は・・・好調です♪

 

『のどが弱くなった原因』がこの時の胎児期退行でわかりました。

そして、そこを改善したことで

以前よりも、「のどから風邪をひく」ようなパターンが激減しました。

 

『のどの弱さが改善されたから』

そうとしか思えないです。

ヒプノセラピーで、潜在意識にあった記憶を確かめて改善したことが、

実際の今の身体にも、よい影響をもたらしてくれました。

 

 

こういう体験をすると、ますます

『心は細胞に宿っている』と感じられます。

 

心の中にある記憶・イメージが変わったから

身体をつくっている細胞にも変化が起きた、という感じです。

 

潜在意識や、そこにある記憶には

本当に驚かされますね♪

 

あなたも潜在意識の力を感じてみませんか?

セッションのご予約・ご相談はこちら

セッションのご予約・ご相談はこちら

White Rainbow(ホワイトレインボー)では、あなたの心と身体にあるエネルギーの癒しをサポートし、笑顔を輝かせるセッションを数多く行っています。心がモヤモヤしてる人、この先不安で悩んでいる人など、日常でネガティブな考えになりがちな方におすすめです。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    宇多未土

    ヒーリング・ヒプノセラピストの宇多 未土(うだ みと)です。2006年からエネルギーを使ったセルフヒーリングを始めました。それが母との確執を解消していく大きな手助けとなりました。またヒプノセラピーを学び、当時の母の思いを感じられたことで、現在は良好な関係となりました。この貴重な経験を活かしたセッションを行っています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご相談・ご予約はこちらへ。お気軽にご連絡ください。

    お問合せ お問合せ arrow_right
    PAGE TOP